渡辺さんの恋愛研究所

ネットでの恋愛テクニックをまとめていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お知らせ

突然ですが、
ブログを閉鎖します。



プライベートのほうに時間がとられ、
ブログの更新不可能な状況と判断しました。



いきなりで申し訳ないですが、
それでは。
スポンサーサイト
[ 2013/12/13 18:39 ] その他 | TB(0) | CM(0)

お知らせ

お知らせです。




今まで毎日更新するという形をとっていましたが、
ここ3週間ほど、特に忙しい時期がつづくため、
更新ペースを不定期という形にさせてもらいます。

少し時間ができれば、ぽつぽつ記事を書いていくつもりです。


12月中旬あたりには、
更新ペースを毎日に戻しますのでご安心ください 笑。




ということでお知らせでした。





渡辺 聡
[ 2013/11/24 19:33 ] その他 | TB(0) | CM(0)

テンションの重要性

■今日の話







テンションの重要性







という話をします







テンション


これの扱いを知っているのと
知らないのとではこれからの人生が大きく変わってきます。





さて、例えば
女性経験ゼロのA君がモデルをやっている女性を前にした場合、
A君のテンションというのはどんな状態でしょうか?


緊張、不安、いろいろなものが混じり
ハイテンションということはまずないです。


結果として、話すときの声は小さくなり
相手の目を見て話すこともできない、
相手に良い印象を与えることは難しいです。




では、超モテるB君が
可愛いけど、あまり男性経験の少ない女性を前に
したときのテンションはというと?


「うわ、めっちゃ可愛い。
 男経験も少なそうだし、ドンドン攻めちゃお。」


こんあ感じで、アゲアゲのテンションで
接することができます。


テンションが高いと、勢いにまかせて
ボディタッチしたり、キスしたり。



まあ、私たち男の思うように
操作しやすいわけですね。







と、まあ二つの例を上げたわけですが、
ここから分かるのは人が二人集まると
余裕のあるほうがテンションが高くなるということですね。


この余裕というのは、
つまり二人の上下関係ですね。


もしあなたが上司と二人で飲みにいったとしましょう。

関係で言えば、あなたのほうが下です。



おそらく上司のほうがテンションが低くて、
自分のテンションはめちゃくちゃ高いというのは想像できないと
思います。




立場が下の人というのは、
上の人のテンションが低いと、自分だけ
テンションを高くすることはできないんですね。


下の人のテンションが高くなるのは、
上の人のテンションが高くなってから。



こうなります。



テンションが高い人が
場の主導権を握ってしまうということなんですね。



さて、普通の場合

余裕がある⇒場の主導権を握る⇒テンションが高くなる


こうなることは今、説明しましたね。




今度はこれを逆にやってみようという話です。

つまり....



テンションを上げる⇒場の主導権を握る⇒余裕が出来る


どういうことか分かってきましたか?




本来、余裕があるからテンションが高くなるところを
先にテンションをあげてあげることにより
余裕を作る。


そして場の主導権を握る。




どういう場で使うかというと、


自分より少しランクが上の女性を
口説くときですね。



本来、自分のほうが格下の場合
どうしても主導権というのは握られがちです。


そこを最初からテンションを
思い切り上げていくことによって
強引に主導権を取りに行く。



こういう使い方をオススメします。




まあ、こういう場合に限らず
テンションが高いということはいろいろな
メリットをもたらしますので、

女性を口説くときは出来るだけ
テンションを上げていくのが良いと思います。



今日はこれで。





渡辺 聡
[ 2013/11/23 21:00 ] 恋愛テクニック | TB(0) | CM(0)

こんな人とは極力関わってはダメ

■今日の話






こんな人とは極力関わってはダメ






という話をします。








恋人にしろ友達にしろ自分が関わる人間から
受ける影響というのははかり知れないです。



将来のことを考えると、自分がプライベートで
関わっていく人というのはある程度選んでいかなければなりません。



今日は絶対にこういう人とは関わらないほうがいい
というタイプを紹介しようと思います。


それというのが、


「悪口ばかり言う人」



人間はそれほど強い生き物ではないですから、
たまには愚痴や悪口を言ってしまうのも仕方のないことです。



問題なのは日常的に悪口を言っている人。

悪口が癖になってしまっている人ですね。



こういう人はあなたに悪影響しか及ぼさない
断言します。



そもそも悪口というのは、
自分の思い通りに行かない。

自分の思っている方向とはぜんぜん別の方向に
物事が動いてしまう。


こういったことのストレスを
表に出すことでなんとか自分の精神を保つ道具の
ようなものです。



当然ですが、悪口を言っていても
物事というのは良い方向に転ぶことはまずない。



悪口を言っている人というのは、
これを知っている、知っていないは別として、

まったく向上心がない。


このことが共通点として挙げられます。





あなたはどんどん自分を磨いて、
女性にモテる魅力的な男性にならなければなりません。



なのに、あなたの近くで

「はー...俺たちってモテないよなー
 やっぱり才能ないんだよ。
 あーイケメンに生まれたかった。」



こんな奴がいたら、
すぐに距離を置いてください。


あなたにメリットは一つもないです。





人間というのは、
良くも悪くも、近くにいる人間と似ていくんです。



ですから、あなたがいつも悪口ばかり言って
向上心ゼロの人ばかりと付き合っていると、


あなたもそんな人になって行きます。




それに悪口というのは、聞いていると
力を吸い取られていくんですよ。


言霊ってやつですね。



悪口を言いふらしている人で
目が輝いていて、堂々としていて、自信に満ち溢れている人なんて
いないですよね?




とにかく

絶対に悪口を常に言っているような人と
関わってはダメです。


いいことなにもないです。





今日はこんなところで



さようなら。






渡辺 聡

[ 2013/11/22 21:00 ] マインド | TB(0) | CM(0)

人生経験の大切さ

■今日の話






人生経験の大切さ






という話をします。







女性と良い関係を作っていくうえで女性のことを
良く理解してあげること。

これが大事なのはわかっていただけると思います。



ですが、やはり誰かを理解してあげるというのは、
自分が相手と似たような経験をしたことがないと難しいです。




例えば、日本という平和な国に住んでいる私たちにとって、
戦争や内乱が勃発している地域の人たちの気持ちを理解するなんて
到底不可能です。



これは少し大げさな話ですが、



もし、あなたが女性から失恋して落ち込んでいるという
悩みを聞かされたとしましょう。


このときあなたがいままで生きてきて一度も告白なんてしたことないし
告白されたこともない、失恋なんてもってのほかだ。



こういう人生を送ってきていたとしたら、
どうなるでしょう?



女性の悩みを上辺だけでは理解してあげることは
出来るかもしれませんが、
深い部分までは無理です。



女性からこの人は私のことを深く理解してくれている
と思われることはまずないでしょう。




これがもし、あなたに失恋経験があったとしたら
それを女性に語ってあげるだけで、
女性は理解してもらっていると感じることができます。




とまあ、こういう理由もあり
人生経験豊富な人というのは女性から魅力があると
思われやすい。



女性の悩みや相談もより深く理解して
聞いてあげられるんですね。





だから、女性のことを勉強するのと平行して
自分自身の経験というのも増やしていくのが良い。



今日はこれが言いたかった。




女の尻ばっかり追いかけている男というのは
魅力に欠けます。



24時間、365日女性のことを考えているのではなく、
たまには自分自身を楽しませてあげてください。







ということで、また明日。






渡辺 聡




[ 2013/11/21 21:00 ] マインド | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。